Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギーシールとは

2011/10/18 Tue

現在、国民の約3分の1は、
何らかのアレルギー疾患を抱えているとされています。

中には、食物アレルギーによるショックで死に至るケースもあります。

そこで考えられたのが、アレルギーシールです。

このアレルギーシールは、世界11カ国で通用するのですが、
これを使えば、何の食物に対してアレルギーがあるかを確認することが出来ます。

シールだけでなく、リストバンドの物もあり、
手軽な装着感なので、学校や幼稚園、
または友達の家などに行くときにも利用することが可能です。

アレルギーシールを使えば、
食物アレルギーを起こす可能性が高い、
外食でのリスクを低減することが出来ます。

アレルギーが気になる人は利用してみましょう。

◆健康促進にも役立ってくれるマッサージ店
大阪 クイックマッサージ

◆健康に役立つマッサージ店を探せます
マッサージ 渋谷区
スポンサーサイト

tag : アレルギー 対策

花粉症とステロイド(副腎皮質ホルモン)剤

2010/12/09 Thu

ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤は、ヒスタミンに起因して引き起こされた鼻の粘膜の炎症や目の結膜の炎症を鎮める作用があります。
また免疫系など組織の反応性を低下させる作用も示し、アレルギー反応も抑止する働きをします。

主に点眼、点鼻薬として使われることが多いですが、症状が重度の場合は経口薬のセレスタミン(抗ヒスタミン成分との配合剤)などが使われます。

ステロイド剤の副作用は点眼、点鼻に使用する場合にはあまり気にしなくても良いようです。
ただし、長期に渡っての使用は避けたほうが無難と言えます。

効果は最も強力なのですが、抗ヒスタミン剤ほどの即効性はありませんので、効果が現れるまで2日から3日を要します。
例外として、セレスタミンは抗ヒスタミン成分が配合されているので即効性があります。

本来ステロイドは重篤な疾患に用いる薬なので、花粉症で用いる薬としてはもっとも強力となるのです。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 対策 対処 抗アレルギー剤

花粉症での抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬

2010/12/08 Wed

花粉症で使われる古典的抗ヒスタミン薬には、レスタミン、タベジール、ポララミン、ピレチア、アタラックスP、アリメジン、ペリアクチンなどがあり、いずれも古くから用いられている抗ヒスタミン剤になります。

眠気などの中枢神経作用や、痰を粘らせるなどの抗コリン作用などが強くて、使用しにくいものもありますが、その作用は詳しく知られている分、現在も必然性のある場面で効果を発揮する重要な薬です。

花粉症で使われる第二世代抗ヒスタミン薬は、中枢神経作用などを少なくして、よりアレルギー治療だけに向けた薬になっています。
抗アレルギー薬とも呼ばれています。

またそのなかの一部のものは、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が遊離されるのを抑える作用(メディエーター遊離抑制作用)を持つものもあります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤 対処 対策

花粉症の抗アレルギー剤 その3

2010/12/07 Tue

花粉症で使われる抗ヒスタミン剤は、花粉というアレルゲンにより発生したヒスタミンの働きを抑制します。
病院で処方されるポララミンなどのほかにも、市販の薬に含まれていることは多いです。
くしゃみや鼻水、目の痒みなど、花粉症の症状が酷いときなど、即効的な効果が期待できます。

ポララミン復効錠や市販の鼻炎カプセルなどだと、ニ層構造にしたり溶け出す時間の異なるニ種類の顆粒を配合したりすることで、即効性と持続性の双方の効果を持たせています。
アレルギー症状を抑制する薬ですので、色々なアレルギー疾患に処方されます。

しかし、やはり副作用があります。
強い眠気、口の渇き、倦怠感などがありますが、抗アレルギー剤よりも出やすくなっています。
なお、点眼、点鼻用などでは、ほとんど副作用もなく最も即効性があることから、市販の薬にも良く使われています。

[PR]
マッサージ 練馬
渋谷 マッサージ

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 対策 対処 抗アレルギー剤 副作用

花粉症の抗アレルギー剤 その2

2010/12/06 Mon

花粉症で使う抗アレルギー剤には、副作用の少ない薬が多いのですが、それも人によって変わります。
効かなかったり、副作用があるなど効果は色々ですので、医師と相談して副作用が起こらない自分に合った薬を使うようにしましょう。

厳密に言うと抗アレルギー剤でも抗ヒスタミン効果のあるものと、 抗ヒスタミン効果のないものが存在します。
しかし、、現在ではそのほとんどが抗ヒスタミン効果のあるタイプが使われているようです。

どちらにしても出てしまったヒスタミンを抑える力がそれほど強くはないので、すでに出ているくしゃみや目の痒みを直接的に抑える効果は、あまり期待できません。
症状の軽い場合などは、抗ヒスタミン効果のある抗アレルギー剤で諸症状がおさまることもあります。

ただし、最近は、ジルテック、タリオン、アレグラ、ゼスランなど、ある程度の即効性を持つものも出てきています。

一般的な抗アレルギー剤

化学伝達物質遊離抑制薬、ヒスタミンH1-拮抗薬、トロンボキサン阻害薬、ロイコトリエン拮抗薬、Th2サイトカイン阻害薬。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤 対策 対処 副作用

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。