Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅰ型のアレルギー症状

2010/12/16 Thu

Ⅰ型のアレルギー症状というものがあります。

体内には、ヒスタミンやロイコトリエン、プロスタグランジンなどの化学伝達物質を貯蔵しているマスト細胞と呼ばれる細胞があります。
身体のなかに取り込まれたアレルゲンは、このマスト細胞を破壊して化学伝達物質の放出をうながし、この化学伝達物質の働きによってアレルギー症状が生じます。
この流れのことをⅠ型のアレルギーと呼びます。

抗ヒスタミン剤というのは、Ⅰ型のアレルギーを抑えるために処方されるものです。

化学伝達物質のひとつであるヒスタミンは、体内各所にあるヒスタミンⅠ型たんぱく質と結合することによってアレルギー症状を引き起こします。

抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンとヒスタミンⅠ型たんぱく質との結合を阻害することによってアレルギー症状をやわらげる薬になります。
スポンサーサイト

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤

抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の選択

2010/12/15 Wed

抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤は、その時の場合や状況によって使い分けを行う必要があります。

抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤)使用上の注意

◆痒みによる選択

痒み症状が強いと薬効の強い薬剤を優先的に選択します。

◆患者の年齢を考えての選択

患者が高齢の場合、薬効がマイルドでも眠気やだるさの副作用の少ない薬剤を選択します。

◆眠気を感じては困る場合の選択

言うまでもなく、支障が出ないように、眠気やだるさの副作用の少ない薬剤を優先的に選択します。

◆1日1回内服タイプの薬剤と1日2回内服タイプの薬剤について

一般的には、1日2回内服タイプのものの方が、1日中効果が持続します。

◆薬剤の価格について

薬剤の価格については、厚生労働省の決定です。

◆薬剤ごとに価格が違うことについて

抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の薬価は種類によってかなり変わります。
低薬価の薬剤と高薬価の薬剤ではその差が数倍におよびますが、効果も数倍になるというわけではありません。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤

妊婦の抗アレルギー剤使用

2010/12/14 Tue

アレルギーに使用される薬というと抗ヒスタミン剤と抗アレルギー剤とあります。
そのうち、抗ヒスタミン剤は長年妊婦が服用してきたという実績がありますので必要に応じて使用することが可能と言えます。
渋谷 アロママッサージとは関係ありません。
ただし、抗アレルギー剤のなかには、使用実績が浅い薬もあります。
心配に思うのなら、妊娠初期(3か月)までの使用を控えた方がいいと思います。

でもやはり、妊婦の薬剤使用については慎重意見が根強く、厚生労働省の研究班による鼻アレルギー診療ガイドラインには、妊婦の使用実績に応じた薬の安全評価が示されてはいるものの、妊娠4か月の半ばまでは原則として薬物は避けた方が安全ともされています。
その点、点眼薬や点鼻薬など局所治療薬はまず心配ないと言えるでしょう。

妊娠中は胎児への影響を考えて薬を飲まずに我慢される方も多数おられます。
荒川区 マッサージとも関係ありません。
しかしながら、このように妊娠中も服用可能な薬も存在しますので、医師に相談してみるのも悪くないと思います。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤 妊娠

花粉症とステロイド(副腎皮質ホルモン)剤

2010/12/09 Thu

ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤は、ヒスタミンに起因して引き起こされた鼻の粘膜の炎症や目の結膜の炎症を鎮める作用があります。
また免疫系など組織の反応性を低下させる作用も示し、アレルギー反応も抑止する働きをします。

主に点眼、点鼻薬として使われることが多いですが、症状が重度の場合は経口薬のセレスタミン(抗ヒスタミン成分との配合剤)などが使われます。

ステロイド剤の副作用は点眼、点鼻に使用する場合にはあまり気にしなくても良いようです。
ただし、長期に渡っての使用は避けたほうが無難と言えます。

効果は最も強力なのですが、抗ヒスタミン剤ほどの即効性はありませんので、効果が現れるまで2日から3日を要します。
例外として、セレスタミンは抗ヒスタミン成分が配合されているので即効性があります。

本来ステロイドは重篤な疾患に用いる薬なので、花粉症で用いる薬としてはもっとも強力となるのです。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 対策 対処 抗アレルギー剤

花粉症での抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬

2010/12/08 Wed

花粉症で使われる古典的抗ヒスタミン薬には、レスタミン、タベジール、ポララミン、ピレチア、アタラックスP、アリメジン、ペリアクチンなどがあり、いずれも古くから用いられている抗ヒスタミン剤になります。

眠気などの中枢神経作用や、痰を粘らせるなどの抗コリン作用などが強くて、使用しにくいものもありますが、その作用は詳しく知られている分、現在も必然性のある場面で効果を発揮する重要な薬です。

花粉症で使われる第二世代抗ヒスタミン薬は、中枢神経作用などを少なくして、よりアレルギー治療だけに向けた薬になっています。
抗アレルギー薬とも呼ばれています。

またそのなかの一部のものは、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が遊離されるのを抑える作用(メディエーター遊離抑制作用)を持つものもあります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤 対処 対策

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。