Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗アレルギー剤について

2010/11/17 Wed

アレルギーに対する薬、それが抗アレルギー剤です。

抗アレルギー剤とは、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目や皮膚の痒み、湿疹などに代表されるようなアレルギー症状を起こすヒスタミンやセロトニンなどの化学伝達物質が放出されるのを抑えたり、その働きを阻害してくれる効果がある薬の事です。

しかし、抗アレルギー剤は予防薬として使われることが一般的で、一定期間以上の服用を続けないと効果があるかどうかの判断もつきません。
既に発症してしまった症状を急激に緩和してくれるような、特効薬的な薬ではないことを覚えておいてください。
ですので、通常は2週間ほど続けて服用することで効果を測定することに使用します。

比較的副作用が少ないので、アレルギー予防のために中長期にわたって服用するメリットがあることが特長です。
また、症状によっては、他の薬と併用して使用する場合もあります。

やはり、アレルギー対策には予防が肝心のようですね。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 対策 対処 抗アレルギー剤 検査

アレルギーの検査法

2010/11/16 Tue

アレルギーの検査には様々なものがあります。

◇本人または、家族にアレルギー体質があるかどうか

アレルギー体質は後遺症で、遺伝の範囲も比較的広いといわれていますので、四親等以内の親族についても調べます。

◇既往歴

アレルギー疾患は決まった条件の下で症状が起こるので、その症状が過去にも同じ状況の下で起こったかどうかを調べます。

◇血中免疫グロブリンE(IgE)・IgE抗体の測定

アレルギー疾患はIgE抗体がアレルゲンと反応することで引き起こりますので、IgE抗体の検査をします。
IgEが正常よりも増加しているようであれば、アレルギー疾患である可能性が高いと考えられますね。
また、特定のアレルゲンに対するIgEが検出されたのなら、アレルゲンの特定ができます。
この測定には、主にRAST法などの血液検査が用いられています。
この他、アレルギー体質の人は、白血球の一種である好酸球が増加していることも多いので、こちらも測定します。

◇皮膚反応検査

疑わしいアレルゲンの溶液を皮膚に垂らし、針で皮膚をはじいたり、ひっかいたりして、染み込ませるテストや、アレルゲンのエキスを注射する方法で検査します。
これによってアレルゲンが特定される可能性があります。

◇除去試験

アレルゲンと思わせるものを一定期間断ちます。
それで症状が改善するかしないかで、アレルゲンの特定ができます。

◇誘発試験

予想されるアレルゲンを与えることで症状を観察する方法です。
この方法は、患者の負担が大きいので、慎重に行うことが必要です。

アレルギーの検査は多種ありますが、現在では、IgE抗体の測定と皮膚反応検査が主流となっているようです。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 検査 体質 反応

アレルギーの検査

2010/11/15 Mon

アレルギー疾患の疑いがあるときは、検査ができる医院や病院で、詳しい検査を受ける必要があります。

疾患原因が、食べ物なのか、環境なのか、ストレスなのか。
仮に食べ物だとしても、その種類は多種多様。
そもそもアレルギー疾患ではないかもしれない。
まず素人が特定することは不可能です。

アレルギーの症状は多種多様ですので、同じような症状でもアレルギー以外の原因で起こることもあります。
また、アレルゲンの数も多いので、一定のアレルゲンが症状を起こすとは限りません。
アレルゲンを特定することも簡単ではないので、しかるべき検査が必要だというわけです。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 検査

ストレスもアレルゲン

2010/11/12 Fri

ストレスもアレルギー疾患の原因となります。
仕事や人間関係などによりストレスが溜まっていくと自律神経のバランスが崩れてしまいます。
それにより、免疫システムにも異常が起こりやすくなるのです。

もし過度のストレスがあった場合には、自律神経の働きを健全に保つためにも、ゆっくりと深呼吸をするなどして心を落ち着けましょう。

ここで、効果的な呼吸法をひとつ紹介しておきます。
呼吸というと吸うほうばかりに気を配るものではないですか?
しかし実は自律神経は、イキを吐いている時に、緊張状態で働く交感神経からリラックス状態をつくる副交感神経に切り替わるのです。
ですので、落ち着くにはゆっくり息を吐くことが重要になってきます。
ゆっくりと空気を吐き出し、自然に吸う呼吸法を身につけることで、心身の抵抗力が高まり、アレルギーにも強くなるでしょう。

あと、リズムの乱れた生活は、ストレスを溜めやすい体質をつくってしまいます。
人間の身体には生体リズムが刻まれています。
朝は日の出とともに活動を開始し夜は眠るというのが遺伝子レベルで定められているのです。
ですので、出来る限り自然のリズムに合わせた規則正しい生活が何より大事ですね。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 対策 対処

食生活とアレルギー体質

2010/11/09 Tue

食生活の乱れは、ますますアレルギー体質をつくり出します。
食事により吸収されたたんぱく質の分解能力の低下が徐々に進行し、食べ過ぎや運動不足によって免疫力が低下し、やがてアレルゲンに対応できないアレルギー体質人間となってしまいます。

アレルゲンに打ち勝つための対策法のひとつが、健康と体質をコントロールすることにあります。

アレルギー体質を語る上でもっとも頻繁で関係の深いアレルギーが食物アレルギーです。
食物アレルギーは、主に卵、大豆、牛乳がアレルゲンとなるケースが多いのですが、それらや肉の食品タンパク質が体内でうまく分解されないことから起こります。
肉食中心で高たんぱくで高脂質の食生活は、未消化のたんぱく質をつくりやすくアレルギー反応を引き起こすキッカケとなるのです。
ですから、そういった食生活を改善することがまずは重要と言えるでしょう。

さらに、食べすぎで栄養過多の食生活が、活性酸素の量を増やします。
活性酸素は細胞を攻撃し体内の防衛力を弱めることで免疫力を低下させます。
そういう意味では、腹八分目の食事を心がけることも重要というわけです。

あとは飲料水と適度な運動に気を配ってください。
人間の身体は約6割は水でできています。
きれいな水を飲み抵抗力をつけることはアレルギー体質を改善する上で欠かせない要素のひとつでもあります。
また運動不足も身体の抵抗力を弱めて栄養の消化吸収力も低下させてしまいます。
適度な運動を心がけ腸の働きを活性化させましょう。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 対策 対処

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。