Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食物アレルギーの症状

2010/12/29 Wed

幼い子に多いとされる食物アレルギーの症状は、軽いものから生命の危機に関わる重篤なものまで色々とあります。
食物アレルギーの原因となる食物を食べると、その食物に含まれるたんぱく質などが腸から吸収され、血液中を流れ人体中でアレルギー反応を起こします。
皮膚や呼吸器の粘膜、鼻や目の粘膜など各々の場所でアレルギーの原因物質に対してIgE抗体が結びついてアレルギー症状が起こります。

それらの症状は、皮膚粘膜では痒み、蕁麻疹、むくみ、発疹、結膜充血、涙目、瞼のむくみ、消化器系では吐き気や嘔吐、下痢、腹痛、気道では口内の痒み、違和感、腫れ、咽頭浮腫、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、咳、呼吸困難などです。

食物アレルギーが酷くなるとアナフィラキシーショックを起こし、頻脈や意識障害、血圧低下などの症状を引き起こすこともあります。
スポンサーサイト

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 食物アレルギー

食物アレルギーとは

2010/12/28 Tue

食物アレルギーとは、食物を摂取したときにアレルギーを介して不利益な症状が出るケースと定義されています。

アレルギー体質のときには、特定のたんぱく質にIgE抗体を作りやすい傾向にあり、摂取した食べ物とIgE抗体を介して症状が起こると言われています。
ほとんどの食物アレルギーのケースでは、アレルゲンのある食物を摂取してからニ時間程度で症状が現れる即時型反応を示すのですが、なかには少し遅れて症状が現れることもあります。

食物アレルギーの症状で最も多くみられるのは皮膚の症状です。
蕁麻疹や痒み、赤くなる、顔が腫れる、発疹がでるなどといった類の症状です。

ほかの食物アレルギーの症状としては、咳や呼吸困難、喘息のようにゼイセイする、口内が腫れる、目が赤くなる、吐く、腹痛を起こす、下痢になるなどがあげられます。

そして酷くなるとアナフィラキシーショックを起こすこともあります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 食物アレルギー

薬物アレルギーの治療法、注意点、予防

2010/12/27 Mon

薬物アレルギーの治療法としては、まずシンプルに、その薬の使用を止めることになります。

もしも、アナフィラキシーショクの症状が起こってしまったのら、ただちに、医師によって、アドレナリンや、ノルアドレナリンなどの昇圧剤、輸液、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ステロイド剤の注射をします。

窒息、呼吸停止などの症状があったのなら、気道確保、人工呼吸、酸素注入など、症状に応じた適切な対症療法を手早く行う必要があります。

抗ヒスタミン剤はジンマ疹などの皮膚症状に有効に働きます。

薬物アレルギーの注意点や予防としては、アレルギー体質の人は必ずその旨を医師に伝えることが重要となってきます。

特に、ある薬に対して、以前に軽くでもアレルギーのあった人が、再びその薬を用いることでショック症状を起こすこともあります。
また、薬を連用することでその薬に対して感作され、アレルギーを起こしやすくなるので、薬は全て医師の指示で使うようにしましょう。
特に、手軽な市販薬を自身の判断で長く使用することも危険なので避けるようにしてください。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 薬物アレルギー

薬物アレルギーの原因

2010/12/22 Wed

薬物アレルギーの原因となるのは、やはり名前の通り薬物の投薬によりその薬物がアレルギーのアレルゲンであったケースで起こります。
また、同じ薬を長期間繰り返し使用するといったことも、薬物アレルギーを起こしやすくする原因となります。

ですので、アレルギー体質の人は必ずそのことを、病院や診療所などで医師に伝えることが大切です。
特に、特定の薬に対して、以前に軽いアレルギーがあった人が、再びその薬を用いると大きなショック症状を起こすこともありますので注意する必要があります。

なお、薬を連用するとその薬に対して感作され、アレルギーを起こしやすくなります。
なので、薬は全て医師の指示で使用するようにしましょう。
特に、手軽な市販薬を自己流で長く使用することは危険なので避けるようにしなければなりません。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 薬物アレルギー

薬物アレルギーについて

2010/12/20 Mon

薬物アレルギーというのは、ある薬に対して感作されることにより過敏な反応を示すことをいいます。
それはアレルギー体質の人に起こることが多く、また、同じ薬を長期間繰り返して使用していると起こしやすいものでもあります。

薬というものは、一定量超えてしまうと、誰でも中毒症状を起こすものなのですが、薬物アレルギーの人は、少量であったとしても反応を起こしてしまいます。

そんな薬物アレルギーの症状として、最も多くみられるのは、皮膚に症状が表れる皮膚症状です。
数々の皮疹、ジンマ疹、剥離性皮膚炎、固定疹などがあげられます。

また、漆かぶれ、化粧品かぶれなどは、遅延型アレルギーによる湿疹となります。
重要な全身症状としては、アナフィラキシーショック(血圧低下、顔面蒼白、冷や汗など)があります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 薬物アレルギー

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。