Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナフィラキシーショック

2011/08/29 Mon

食物アレルギーの場合、
ひどくなってしまうとアナフィラキシーショックなどが
起きてしまうこともあるため
注意が必要といえます。

食事をしていて、食物アレルギーの症状が出たら
チェックしておいた方がいいでしょう。

2回以上同じ症状が現れたなら
食物アレルギーの可能性が高いと考えられます。

アトピー性皮膚炎の場合でも症状がひどくなったなら、
食物アレルギーの影響からきているのかもしれません。
スポンサーサイト

アレルギー患者が減らないわけ

2011/08/22 Mon

アレルギーには減少する兆しが見せません。むしろ増加しています。

こんな話があります。

1970年代に生まれた若者の九割がスギ花粉やダニで
アレルギーを起こしやすい体質だそうです。

また、。1950~60年代に生まれた人の四~五割だそうですから、
いかにアレルギー体質がぞうかしているかがわかります。

アレルギーになる原因が判っていて、
なぜアレルギーを根本から治せないのしょうか?

また、同じ様な、遺伝的にアレルギー体質を持ったいる人が、
同様の環境した環境下で、アレルギーにかかったり、
かからななかったりする人がいるのは何故でしょう。


それが問題で、アレルギー発症には、原因物質や遺伝体質、
IgE抗体の大量生産といった材料だけでは、
その発症の根本原因を解説できないのです。

▽マッサージ情報▽
渋谷の出張マッサージ情報はコチラ
出張マッサージ情報 中野区版

減感作療法で克服

2011/08/18 Thu

アレルギー反応があまりにひどく、これが長い間慢性的に続くのであれば、
減感作療法という方法でほぼ完全に治療することも検討するといいでしょう。

減感作療法というのはかんたんにいえばアレルゲンを少量づつ体内に注入して慣れさせる治療法です。
アレルゲンに必要以上に過敏に反応してしまうのがアレルギーですから、
アレルゲンに慣れてしまってこの余分な反応を抑えることができればアレルギーはほとんど治ってしまうのです。

ただ問題はこの治療法は時間とお金と手間がかかることです。
基本的に注射を何度も定期的に打ちにいかなければなりません。

手間と時間はかかりますが、長い間アレルギーに悩まされていて、
真剣になんとか治療したいと考えている方には最適の治療法であるといえます。

便秘がアレルギーの原因

2011/08/03 Wed

せちがらい現代社会において、
様々なアレルギー患者の増加の原因は、
食生活の変化によって起こる
便秘の増加が原因だそうです。

アレルギーやアトピーの人の腸は、
腐敗菌で腸内が腐敗し、腸壁が傷つき、
穴だらけになっているそうです。なんか怖いですね。

成人の人でアレルギーやアトピーやのある人は、

・腸内環境が良くない
・低血圧で発汗しない

事が原因に挙げられます。

血液の絶対量が足りなくなると、
患部に血液が届きにくく、
軽い運動で、発汗し、皮膚や患部の
新陳代謝を活性化する事が大事です。

▽マッサージ情報▽
大阪府の出張・店舗型マッサージ店検索サイト
オイルマッサージ情報 大阪市中央区版

日光アレルギーの原因

2011/08/01 Mon

日の光を浴びるだけで、その日の光に対してアレルギー反応が出てしまうことがあります。
これを日光アレルギーと呼びます。

このアレルギーの原因は、主に日光に含まれている紫外線であるといわれています。

光を身体の一部に受けて、その部分にのみ発疹などができた場合は、
アレルギーである可能性があります。

この日光アレルギーを解消するためにはまず、
専門医の診断を受けて適切な対処をとることが大切です。

周りの人よりも明らかに外出した後の肌の調子がおかしい、
などと感じた時はすぐに医師に相談しましょう。
検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。