Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディエーター遊離抑制剤

2010/11/18 Thu

アレルギー症状は、体内に入ってきたアレルゲンを排除しようとする身体の免疫作用が、特定の物質に対して過剰に働いてしまうことによって起こります。
抗アレルギー剤は、こうしたアレルギー反応を引き起こす原因となるヒスタミンやロイコトリエンなどの炎症化学物質の生成を抑えたり、血管、体内への放出や末梢神経への伝達を防ぐことで、アレルギーの発症を抑制し予防します。

抗アレルギー剤にもいくつかの種類があります。

◇メディエーター遊離抑制剤

肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンなどの様々な化学伝達物質が遊離されるのを抑制する薬剤になります。
作用機序はI型アレルギー反応における肥満細胞からの脱顆粒、ケミカルメディエーターの遊離を抑制するものです。

ヒスタミンやロイコトリエンなどの化学物質の放出を抑制します。
この系統の薬剤は一般的に効果が現われるまでに四~六週間以上を必要とします。

吸入は、インタールという抗アレルギー剤を細かい霧状にして、ネブライザーを使って気管支の末端までに直接吸入します。
抗アレルギー剤を局所的に使うので副作用の心配もなく、気管支の炎症を抑えるのにとても便利です。

ただし、効果を発揮するまでに時間がかかるので、予防的な効果が期待される薬剤としても位置付けられています。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 対策 対処 抗アレルギー剤

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。