Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗アレルギー剤の副作用

2010/12/01 Wed

抗アレルギー剤が効果的であるとしても、やはり気になるのは副作用です。

副作用とし、発疹などの過敏症や悪心嘔吐などの消化器症状、頻尿、血尿などの膀胱炎様症状、GOT、GPT上昇などの肝機能障害、眠気、鎮静などの中枢神経抑制症状などがあります。

なかでも抗ヒスタミン作用を持つ薬剤は、眠気や全身倦怠感などの中枢神経抑制作用が現われる可能性が高くなります。
そのため、この系統の薬剤を服用する場合には、車の運転や危険をともなう機械操作などの従事はしないなどの注意が必要となります。

また、厚生省の副作用情報では、膀胱炎様症状や重篤な肝機能障害が報告されています。
現在までに、インタール、リザベン、ザジテン、ケタス、アゼプチンでの報告があります。

いずれも投与中止によって症状は改善されていますが、発現機序については明らかにされていません。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤 副作用

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。