Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症での抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬

2010/12/08 Wed

花粉症で使われる古典的抗ヒスタミン薬には、レスタミン、タベジール、ポララミン、ピレチア、アタラックスP、アリメジン、ペリアクチンなどがあり、いずれも古くから用いられている抗ヒスタミン剤になります。

眠気などの中枢神経作用や、痰を粘らせるなどの抗コリン作用などが強くて、使用しにくいものもありますが、その作用は詳しく知られている分、現在も必然性のある場面で効果を発揮する重要な薬です。

花粉症で使われる第二世代抗ヒスタミン薬は、中枢神経作用などを少なくして、よりアレルギー治療だけに向けた薬になっています。
抗アレルギー薬とも呼ばれています。

またそのなかの一部のものは、肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が遊離されるのを抑える作用(メディエーター遊離抑制作用)を持つものもあります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤 対処 対策

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。