Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤の選択

2010/12/15 Wed

抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤は、その時の場合や状況によって使い分けを行う必要があります。

抗アレルギー剤(抗ヒスタミン剤)使用上の注意

◆痒みによる選択

痒み症状が強いと薬効の強い薬剤を優先的に選択します。

◆患者の年齢を考えての選択

患者が高齢の場合、薬効がマイルドでも眠気やだるさの副作用の少ない薬剤を選択します。

◆眠気を感じては困る場合の選択

言うまでもなく、支障が出ないように、眠気やだるさの副作用の少ない薬剤を優先的に選択します。

◆1日1回内服タイプの薬剤と1日2回内服タイプの薬剤について

一般的には、1日2回内服タイプのものの方が、1日中効果が持続します。

◆薬剤の価格について

薬剤の価格については、厚生労働省の決定です。

◆薬剤ごとに価格が違うことについて

抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の薬価は種類によってかなり変わります。
低薬価の薬剤と高薬価の薬剤ではその差が数倍におよびますが、効果も数倍になるというわけではありません。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。