Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅰ型のアレルギー症状

2010/12/16 Thu

Ⅰ型のアレルギー症状というものがあります。

体内には、ヒスタミンやロイコトリエン、プロスタグランジンなどの化学伝達物質を貯蔵しているマスト細胞と呼ばれる細胞があります。
身体のなかに取り込まれたアレルゲンは、このマスト細胞を破壊して化学伝達物質の放出をうながし、この化学伝達物質の働きによってアレルギー症状が生じます。
この流れのことをⅠ型のアレルギーと呼びます。

抗ヒスタミン剤というのは、Ⅰ型のアレルギーを抑えるために処方されるものです。

化学伝達物質のひとつであるヒスタミンは、体内各所にあるヒスタミンⅠ型たんぱく質と結合することによってアレルギー症状を引き起こします。

抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンとヒスタミンⅠ型たんぱく質との結合を阻害することによってアレルギー症状をやわらげる薬になります。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 抗アレルギー剤

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。