Allergie★Allergen

スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬物アレルギーの治療法、注意点、予防

2010/12/27 Mon

薬物アレルギーの治療法としては、まずシンプルに、その薬の使用を止めることになります。

もしも、アナフィラキシーショクの症状が起こってしまったのら、ただちに、医師によって、アドレナリンや、ノルアドレナリンなどの昇圧剤、輸液、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ステロイド剤の注射をします。

窒息、呼吸停止などの症状があったのなら、気道確保、人工呼吸、酸素注入など、症状に応じた適切な対症療法を手早く行う必要があります。

抗ヒスタミン剤はジンマ疹などの皮膚症状に有効に働きます。

薬物アレルギーの注意点や予防としては、アレルギー体質の人は必ずその旨を医師に伝えることが重要となってきます。

特に、ある薬に対して、以前に軽くでもアレルギーのあった人が、再びその薬を用いることでショック症状を起こすこともあります。
また、薬を連用することでその薬に対して感作され、アレルギーを起こしやすくなるので、薬は全て医師の指示で使うようにしましょう。
特に、手軽な市販薬を自身の判断で長く使用することも危険なので避けるようにしてください。

テーマ : 健康、マッサージ、ダイエットで癒されたい
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 薬物アレルギー

検索フォーム
プロフィール

くろぼし

Author:くろぼし
アレルギー★アレルゲン

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
ユーザータグ

対策 対処 抗アレルギー剤 食物アレルギー 副作用 検査 薬物アレルギー アレルギー 治療 体質 反応 疾患 果物アレルギー アトピー性皮膚炎 そばアレルギー チョコレート ダニアレルギー 妊娠 金属アレルギー 

ランキング
  • SEOブログパーツ



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ アレルギーの病気へ

ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

スカウター : アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

フィードメーター - アレルギーとアレルゲン -疾患への対策-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。